in 家庭菜園

家庭菜園の簡単ネキリムシ防除

-2 COMMENT
時期的にネキリムシ被害をよく耳にしますので、オーガニックで一番簡単な
防除方法をご紹介。

『今更??』とか 言っちゃダメ。

北海道ではアワヨトウとか、ヤガ、コガネムシ
まだまだ豆・コーン系では これから旬ですから。


写真は虫画像に替わり、美しい花や自然をお楽しみください。
CIMG0624.jpg

ネキリムシには、細くてカタイやつと、太って柔らかいヨトウムシ的なのがいる。
うちでよくやられるのは、タマネギ、大豆、トウモロコシの芽。

ぽっきりされると悲しいし、可愛い野菜を食ってむちむち太った
憎たらしいネキリムシを踏むのはコワイので、防除はとっても大事です。

かといって、あの虫が死ぬ量の薬を吸ったら、私も倒れちゃうので。
自然素材でちょっとだけ嫌な気分にさせて、近づけないようにしてやります。

CIMG0535.jpg

ネギや大豆は、植えつけのとき 濃い目に希釈した木酢液にちょっと浸せば、
(雨がなければ)しばらく安心。50倍くらいのに、さっと浸しますよ。

※うちのは親戚の炭焼きさんでもらうので この倍率ですが、
成分は品物で違うので、各自で希釈をお試しくださいね。


コーンは、春の有機農研の会合では
「米ぬかを株もとに撒くと、そっちのほうが好きだから、作物がやられない」と
話題になりました。

が。
米ぬかは雨のあとに固まって水をはじくので、撒きすぎはいけません。
成長も土質も一時的に悪くなります。
(逆に、雑草生やしたくないとこには とってもイイです)

卵の殻を砕いたのや、粉唐辛子を株もとに撒くのも結構効きます。
ちくちくするから、いやなんだそう。

出来れば、平飼い有精卵のが、殻が数倍硬くて最高。

①不味い ②痛い ③クサイ ものは、虫も嫌いみたい。
でも、唐辛子は、虫の好みにより寄って来るのもあるらしい。

卵の殻は、見かけが悪いけど カルシウムのかたまり=トマトの尻腐れ予防にも。
(即効性じゃないし、カルシウムは吸収されるまで ちょっと時間掛かります)

CIMG0627.jpg
去年うちのコーン食ったやつの子孫たちよ、ちょっと いやがれ(笑)と思いつつ
カブトムシはじめ、ああいう幼虫の腸内には、窒素固定菌というのがいて、

木の皮やら硬いものの消化のほか 緑肥で知られるマメ科植物のように、
土地を肥沃に、植物に栄養が吸収されやすいようにしているんだそうです。
(現代農業 2010 8月号 自然農法の木嶋先生談)

ネキリムシも 役割があって、存在してる命なんだろうね。

でも、野菜は人間のたべものだよ。 
頼むから君たちは 草をくっておくれ。

ちょっとでも みなさまの参考になれば幸甚です。

↓励みになりますので、きょうもぽちっとおねがいします♪
にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
  • Share

2 Comments

ひよこまめ  

Re: ネキリムシ農法

すいません!
お返事入力したのに、送信ボタン押せてなかったです!

すごい観察眼ですね!
プランターでも自然のサイクルが出来ていて素晴らしいです。

虫の腸内細菌にも、根粒菌のような働きを持つものが多いですからね。

うちの畑は、春から夏に豪雨が来て結構水浸しになるけど、
畑の虫ってちゃんと高いところに非難して、水が引いたら戻ってまた食べるんですよね。



2017/10/09 (Mon) 18:59 | EDIT | REPLY |   

ベランダ菜園  

ネキリムシ農法

去年の秋から今年にかけて初めての試みですが、プランター栽培でネキリムシ農法みたいなことを試し中です。
去年の秋ごろバジルやミニトマトが終了したプランターへ黒砂糖で少し発酵させた腐葉土や草木の残渣を卵を産ませるべくマルチし、案の定ハナモグリみたいな虫が飛んできて産卵。
冬から春先までほぼ放置、秋頃何度か水をあげたくらい。
春先に土を確認すると幼虫のフンが表層にたくさん。中までフカフカでした。
プランターにビニールを下からかぶせて水がドップリ浸かるくらい入れて、幼虫を表面へ、酸欠で上がってきます。
幼虫は鳥の餌に、そのまま2週間くらい放置すると小さいミミズが大量に発生。
ビニールをはずし少し水が切れてから
バジルを定植しました。
その後、現在好調です。

長文すみませんでした。

2017/06/19 (Mon) 17:04 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment