in スポンサー広告

スポンサーサイト

-- COMMENT
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Share
in 看板猫の思い出

呪いの黒猫 最凶ハンター伝説

-0 COMMENT
農園の歴代ハンター猫の中で、最凶のオス猫。
呪いの黒猫と恐れられた、彼の名はシャープ。

※好きな家電メーカーから名付けました。

017.jpg
玄関の生け花の水盤で、水が飲みたかったのに花瓶かよ。。。という不満。

当時、鷹匠にあこがれていた私。
鷹なんか手に入らないしトンビは怖いので
(この時点で、鷹匠は向いてない)

カラスで代用しようと、せっせとキャットフードを撒き、
一羽をやっと手なずけたのです。
でも。

生後三ヶ月で、カラスの尾に噛み付き、
シャープは空を飛び。。。

カラスとの信頼関係は、壊れました。

016.jpg
俺にもよこせぇぇぇ!!という主張と実力行使。

シャープはバイトの兄ちゃんのコンビニ弁当を狙い、
皆が仕事で留守のあいだに、確実に盗み食い。

出荷用段ボール箱に弁当を隠し、業務用ホチキスで封印したのに、
箱を食い破ってナポリタンを完食していたときは、

イリュージョン!! プリンセステンコー!? 


とみんなが凍りつき、バイトさんは二度と来なくなっちゃった。

180℃のオーブンから、出したばかりの熱々のエビを盗んだり。
熱々のラーメンに、顔を突っ込んで食べてたり。(猫舌じゃなかった)

お客さまの太ったチワワを食べようとしたときは、

殺気を感じた佐々木さんが犬を抱き上げてくれなかったら、

確実に殺っていた
でしょう。

014.jpg
ウォンバットみたい。怖すぎる呪いの黒猫。
彼には獲物に狙いを定めたあと、姿勢を低くお尻を左右に振る癖があった。
確かに丸々してうまそうなチワワだったけど、まさか犬までも狙うとは。

ダメな猫だったけど、たまに子猫に狩りを教えたり、
美味しい餌があると呼んで分けてやってた。

多少おねえの素質があったんだと思う。

おかげでチンチラの愛らしい、無口だったチビちゃんは、
おっさん猫の求愛の叫び声を今でも真似する。

CIMG0329.jpg
『あぎゃをーーん!!』『うごわーーん!!』『え゛う゛ーー!!』
近所の子供たちは、絶対、
「あの家にはもののけがおる!!」と思ってるはず。

かわいい女の子を追いかけていったまま、彼がいなくなって、もう10年。
こないだ、夢に出て来て、プリッツを食べてました(笑)


最後まで見てくださって、ありがとう。明日もお元気で。

有機・無農薬・自然農法生産者さん拡大と応援のため、ランキング参加中です。
↓このボタン、どれかぽちっと押して頂けますとありがたいです(*'-'*)エヘヘ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村


道南 ブログランキングへ


スポンサーサイト
  • Share

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。