in スポンサー広告

スポンサーサイト

-- COMMENT
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Share
in 陽気な犬は斜めに走る

エゾヒグマ対策1 ついに中心街に定住か

-4 COMMENT
平成29年10月7日 更新

森町では先月から、ついにエゾヒグマが森川伝いに中心街に出没しはじめました。

JA新はこだて森支店の裏のデントコーン畑、墓地、通学路、老人福祉施設のあたり。
プルーン園、トマト農家さんなど広い範囲でヒグマの餌場になっていると農家さんたちに聞きました。

「出没地には夜は近づかないように、被害にあわないようにしてください」
と、町のアナウンスがたびたび繰り返されます。

我が家のスイートコーン畑も、トラクターが走って潰したの?くらいの食害が出たので、
役場のヒグマ対策課の方に電話してみたところ、クマ用の檻罠を1台貸してくれましたが、
「一定日数が経過してもかからないので」ということで、回収されてしまいました。

「今年だけで、もう6頭も獲ったんですが、まだたくさんいるみたいなんです」

役場の担当さんも困っているようす。

DSCN7816 (640x480)

北海道がまとめた、「ヒグマ捕獲テキスト」によれば、
罠にかからない熊は特に注意と対策が必要な問題クマとして指定されており、
それがたくさんいるのに何もできないのです。

DSCN7817 (480x640)
平成2年に一部地域のエゾヒグマの絶滅を危惧し、春熊駆除制度が廃止され、
12年から駆除に頼らない対策が進められてきました。

DSCN7819 (480x640)
その結果、コーン類を中心に農業被害が激増。
毎年、1億円以上の被害額を算出されているのです。

先着順に電気柵の貸し出しもありますが、足りるわけありません。
あとの人は高額な設備を自費購入するか、クマの食害と遭遇におびえながら収穫を続けるしかないのです。


野菜だけではありません。人的被害も確実に増えています。

DSCN7818 (480x640)

先日のニュースでも、他地域の山菜取りの方が亡くなり、警戒中のハンターさんも負傷したばかりです。

エゾヒグマはとても頭が良く、
「死んだフリをして襲い掛かってくるので、命中しても決して近づいてはいけない」
恐ろしい生き物として、同書にベテランハンターさんの経験談も記載されています。

コーンの被害と言えば2年前の2015年9月26日に捕獲されたヒグマは、400kgもありました。
400キロのヒグマ現る 北海道・紋別、猟友会が射殺 日本経済新聞

ヒグマは昔から冬眠の前に山菜やミズナラなどの木の実を食糧としていましたが、
手軽に大量に食べられる農作物、とくに栄養価の高いコーン類を好んで食べることで
近年は巨大化傾向が見られます。

巨大化による次の心配は、体が大きくなりすぎて冬眠する洞穴を見つけられず、
冬にエサを探せないまま飢えて人間を襲う、「穴持たず」の出現です。

7人の死者(後日亡くなった方も含めると8人)と3人の負傷者を出した苫前の事例では、
この「穴持たず」の大きさは340kgでした。紋別のヒグマの方が、60kgも大きいです。
三毛別羆事件(ウィキペディア)


三毛別の討伐隊は総勢600人でしたが、
現在はヒグマに対応できるハンターは年々高齢化し、減少しつつあります。

紋別の巨大熊は秋に捕獲されましたが、
もし冬ごもりできない穴持たずがゴロゴロ出現するようなことになったら、
どうすればいいのか?

自衛手段として、我が家では知人のおすすめで、
アイヌ犬を飼うことにしました。


白瀬農園のヒグマ対策の最終兵器、コタローです。

DSCN7877 (640x480)
あっ、散歩中に熟睡しちゃいました。 

最終兵器よ、早く大きくなってください。



化学物質過敏症&食物アレルギーの方のための完全個別対応型自然栽培専門店・whitegallica rosegarden

白瀬農園ネットショップはこちらから。

 いつもきてくださってありがとう。ランキングに参加中です。
↓どれかポチッと押して頂けると自然農法の宣伝ができ、励みになります。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 自然農・自然農法へ



スポンサーサイト
  • Share

- 4 Comments

ひよこまめ  

Re: タイトルなし

わかりました! ありがとうございます!

クマ肉、さっそく分けてもらってきます。

そうか~、クマの毛皮への反応で、クマ犬の素質の有無がわかるんですね。

毛皮ももらわなきゃ。

小太郎はとても気の強い子で、うちに来て2日めには縄張り意識から配達業者さんを狩ろうとしました。
(現在は知らない人の足にも抱きついて離しません)

大きくなったら鹿くらいは、獲ってきそうです。

2017/10/09 (Mon) 20:49 | EDIT | REPLY |   

雷親父  

食べさせてみたら良いと思います。
様子を見て少量の生が良いかと思います。
昔の方の中には生肉を犬にやるのに否定的な方もいますが、問題ないですうちでは仔犬の時期にも与えますが喜んで食べますが食感が苦手なのもいますのでその時は加熱すれば良いと思います。
もし羆の毛皮の切れ端もいただけるのなら、仔犬の前に放ってみてください。
小太郎の兄と姉に当たる犬は仔犬の時警戒しながら吠え立てていましたよ。(毛皮は臭いものの方が良いです)

2017/10/09 (Mon) 20:19 | EDIT | REPLY |   

ひよこまめ  

Re: タイトルなし

雷親父さま。

先日は、わざわざ森町までお越しいただき、ありがとうございました!

小太郎は、お客さんや配達業者のみなさんに毎日可愛がってもらい、懐っこく育っています。

おりこうなので、アイコンタクトと呼び戻しがほぼできるようになりました。

ヒグマのフンはたくさん落ちているので、今度かがせてみます。


ハンターさんが、ヒグマの肉を小太郎にくれるというのですが、
食べさせても大丈夫でしょうか?

肉に慣れてクマを怖がらなくなったら危ないのかな、という心配があります。

クマを怖がらない犬は、良いクマ犬にはなれないと、
「銀牙~流れ星 銀」でも、そういう記述ありましたよね?



2017/10/09 (Mon) 18:52 | EDIT | REPLY |   

雷親父  

羆の臭いを嗅がせる機会があれば嗅がせてみてください、糞や足跡、通った形跡なんかでも良いと思います、くれぐれも羆には気をつけてください。

2017/10/09 (Mon) 10:52 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。