自然栽培 大豆の脱穀

平成28年11月6日 更新

道南地域には、またまた嵐が来ていました。
風雨に加えて雪も少し降り、つま先からじんわり痛むような寒さ。

今日は、先日手刈り収穫した大豆を脱穀です。

自然栽培の野菜には共通することですが、窒素を自力で供給する育ち方なので
作物の茎や葉っぱが肥大せず、普通の栽培法の野菜と比べてコンパクト。

肥料(栄養)をやらないので、体は小さいけど、
豆は虫食いが少なくて大粒に育ち、無駄がない体型という感じです。

北海道というと、すべて機械収穫というイメージを持たれますが、
うちは少量の豆類は鎌を使って根際から刈り取る収穫方法です。

機械刈りだと実入りの良い豆は莢がはじけて飛んでいってしまい、
せっかくの希少な豆が無駄になってしまいます。

化学物質の苦手なお客さんが多いから、
機械の排煙もなるべく つけたくないですしね・・・。

以前使っていた木製の脱穀機(何時代のか不明なくらい古い)が
教材として学校に展示されてしまい、

なんだか不便かも?と思いつつ、これまで叩き棒でたたいて脱穀していましたが、
今年は、小型の足踏み式脱穀機を導入してみました。

ペダルを踏むと鉄製のトゲの付いた筒(ドラム)が回転し、
豆の枝をそこに押し付けることで、莢が割れて豆が出てくる仕組みです。

ペダルがとても重いので、回転させるだけでむずかしい。
踏むタイミングが悪いと、止まってしまいます。

さっそく、大豆を入れてみましたところ・・・

痛い!!

流されることに納得しない豆たちが、たまに顔に向かって飛んでくる!
自分の足踏みで操作しているだけなのに、なんか乗り物酔いする!

それでも、叩き棒より快調に仕事が進みます。
半日がかりで、2種類の豆が脱穀できました。

箕(み)でゴミをとり、今日の作業は終了です。

大豆の莢の毛と土が飛ぶので、鼻がむずむずし
たいへんなことになっています。

でも、よく太ってツヤもよく、良い豆です。
選別作業が楽しみだな。



白瀬農園ネットショップはこちらから。

 いつもきてくださってありがとう。ランキングに参加中です。
↓どれかポチッと押して頂けると自然農法の宣伝ができ、励みになります。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 自然農・自然農法へ




スポンサーサイト

テーマ:野菜づくり
ジャンル:趣味・実用

コメント

非公開コメント

いらっしゃいませ♪

白瀬農園

ひよこまめ

Author:ひよこまめ
北海道の森の奥で、自然栽培(無肥料栽培)
の野菜を生産。

現在、日本初で唯一、化学物質過敏症(MCS)
レベル15までの完全個別対応・栽培相談の
できる自然栽培野菜専門店を運営。

レベル15は
「自然栽培であっても栽培暦が浅いと不可。
=一般的な自然栽培野菜セットが食べられず、
大気汚染度で岩塩も選ばなくてはならない」
ことを目安とする当園規定の表記です。

食べる人の健康と笑顔を願って野菜を育て、
町認定食育ボランティアのお母さんたちや、
自治体福祉施設の皆さんとともに食育、
自然栽培拡大のための農活をしています。

第19回環境保全型農業コンクール、有機農業
分野・最優秀賞受賞。農林水産省生産局長賞。
日本野菜ソムリエ協会野菜サミット二つ星受賞。

お問い合わせ

ご質問は、お気軽にメールでお寄せください。 (Yahoo、Gmail等のメールサービスを お使いの方は、メールが届かないことがあります ので、コメント欄からお願い致します) 自然栽培の野菜をお求めの場合は、お手数ですが、 「白瀬農園ネットショップ」 http://shirasenouen.cart.fc2.com/ を検索くださいませ。

名前:
メール:
件名:
本文:

ご案内

ランキング

コメント ありがとう('-'*)

※読者様の安全の為、リンクを張った勧誘コメント類は削除させていただいております。昼は農業・夜にパソコン業務をするため、お返事が遅くなります。ゴメンネ。

検索フォーム