スイートコーンとの戦い。

2016.08.22 22:22|楽しい農業日誌
平成28年8月22日更新

今日は台風の豪雨の中、スイートコーンの収穫と発送の作業。

スイートコーンの熟期と納期は厳格で1日もずらせないので、
洪水で山道がナイル川のようになり、畑が地割れしたときも、
ふつうに収穫大会が行われていました。

ビスコちゃんが車ごと地割れにはまりましたが、
援農の方のなかに消防隊員(レスキュー)がいたので助かりました。

作業員が足りないと、いつもお世話になっているお客さんにも
救援要請がかかります。

報酬はコーン払い。
規格外コーンを重量無制限で現物支給なのです。

「あのセンセイも援農に来たがってたから、誘ってみて!!」

母の辞書には、社交辞令という単語はないです。
直属上司のさらに上司だった偉いセンセイを、農作業に誘うはめになりました。

「ぼく、腰が悪いから、腰が痛くない仕事だったら手伝えるよ。
昼からは会議で忙しいから、朝手伝おうか?」

農業には腰の痛くないしごとはないし、上司より偉かった人を
畑でこき使うなんて絶対に無理に決まっています。

恐ろしい・・・。なんだかんだで、コーンも人間もびしょびしょです。

嵐だというのに、道南の農福連携チームの視察団が20人くらい、
見学にいらっしゃっていました。

視察団は、雨だし休んで下さっても良かったのに。
決まりを守りたいきっちりした方が多いと見え、定刻にお越しです。

良かった、福祉施設の皆さんのお手伝いや援農のノザワさんのおかげで、
きょうも無事に時間内に出荷終了です。

白瀬農園ネットショップはこちらから。

 いつもきてくださってありがとう。ランキングに参加中です。
↓どれかポチッと押して頂けると自然農法の宣伝ができ、励みになります。


にほんブログ村 花・園芸ブログ 自然農・自然農法へ
スポンサーサイト

テーマ:野菜づくり
ジャンル:趣味・実用

コメント

非公開コメント

いらっしゃいませ♪

白瀬農園

ひよこまめ

Author:ひよこまめ
北海道の森の奥で、自然栽培(無肥料栽培)
の野菜を生産。

現在、日本初で唯一、化学物質過敏症(MCS)
レベル15までの完全個別対応・栽培相談の
できる自然栽培野菜専門店を運営。

レベル15は
「自然栽培であっても栽培暦が浅いと不可。
=一般的な自然栽培野菜セットが食べられず、
大気汚染度で岩塩も選ばなくてはならない」
ことを目安とする当園規定の表記です。

食べる人の健康と笑顔を願って野菜を育て、
町認定食育ボランティアのお母さんたちや、
自治体福祉施設の皆さんとともに食育、
自然栽培拡大のための農活をしています。

第19回環境保全型農業コンクール、有機農業
分野・最優秀賞受賞。農林水産省生産局長賞。
日本野菜ソムリエ協会野菜サミット二つ星受賞。

お問い合わせ

ご質問は、お気軽にメールでお寄せください。 (Yahoo、Gmail等のメールサービスを お使いの方は、メールが届かないことがあります ので、コメント欄からお願い致します) 自然栽培の野菜をお求めの場合は、お手数ですが、 「白瀬農園ネットショップ」 http://shirasenouen.cart.fc2.com/ を検索くださいませ。

名前:
メール:
件名:
本文:

ご案内

ランキング

コメント ありがとう('-'*)

※読者様の安全の為、リンクを張った勧誘コメント類は削除させていただいております。昼は農業・夜にパソコン業務をするため、お返事が遅くなります。ゴメンネ。

検索フォーム