in スポンサー広告

スポンサーサイト

-- COMMENT
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Share
in 自然栽培 夏野菜

在来種ニンニクの植え付け

-0 COMMENT
平成27年11月29日 更新

CIMG2864 (360x270)
今年7月の自然栽培ニンニク圃場(野菜セット用)の様子です。
草がもじゃもじゃしてわかりにくいですが、長ねぎと同じような畝栽培です。

CIMG2863 (360x270)
一般的な栽培では、肥料をたっぷり入れて玉ねぎのように平畝に黒マルチで被覆して太らせますが、
自然農法・無肥料栽培で太らせるには、畝栽培と草マルチの共用で土をふかふかに保ったり、
培土(土かけ)のタイミングにより微生物に窒素放出させて栄養を補う方法があります。

CIMG2865 (360x270)
ニンニクの花。 「あぐり王国北海道」の情報によると、
この種は1年生の球根になり、これを植えると翌年丸い1粒種のニンニクが育ち、
1粒種を植えると3粒つきの球根に育ち・・・6粒のニンニクにするには4年掛かるそうです。

CIMG0028 (360x240)
よくみると、3粒、4粒、6粒のがありますね。

画像では大きさはわかりにくいのですが、本州の市場に出回る大粒のホワイトニンニクに比べ、
白瀬農園の自家採種ニンニクは、やや小ぶりです。

CIMG0027 (360x240)
外皮をむくと、中は濃いピンクがかっています。
いままで気にも留めませんでしたが、比較的珍しい在来種の、
ピンクニンニクという種類らしいです。

特徴はというと…味も香りも辛味も強烈な品種なので、ペペロンチーノなどには最高。
肉・魚料理のどちらにも合います。 でも、

割っただけで、すっごくクサイ!!

皮に触っただけで手がめっちゃ臭くなり、石鹸で何度洗ってもニオイが取れません。
布団に入っても、自分の手のにおいで寝付けず、目が覚めます。

よしよし、いいぞ君たち。来年もくさ~いニンニクに育ってね。
畝に埋めて、来年の収穫を待ちます。

 いつもきてくださってありがとう。ランキングに参加中です。
↓どれかポチッと押して頂けると自然農法の宣伝ができ、励みになります。


にほんブログ村 花・園芸ブログ 自然農・自然農法へ


スポンサーサイト
  • Share

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。