in スポンサー広告

スポンサーサイト

-- COMMENT
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Share
in ボディケア

天然精油の虫除けスプレー作り

-0 COMMENT
平成27年 7月21日 更新

日陰で作業している数分の間に、ヤブ蚊の集団にやられました。
足首から腿まで一直線に12箇所も!!
右側だけ、相当美味い血が流れている血管が1本あるらしいね。

かゆい。かゆすぎです。
ボッコボコのフルボッコです。

こうなると日陰が恐ろしくなってきたので、
アロマオイルで虫除けスプレーを作りました。

CIMG1367 (360x270)

市販のディートなどを使った虫除け剤は、生殖毒性が強く
多量に使用した海外の兵士さんたちの不妊症が報告されているので、
天然成分のものを選ぶのがやはり安心です。

蚊避け効果の高いのはペパーミント、シトロネラなどの
トップノートの強い精油。

む。
シトロネラがなかったので、成分が近いレモンとレモングラスで代用しましょう。
(※柑橘系の精油には光毒性があるので、お肌に直接使用してはいけません)

無水エタノール2mlにミント、レモン、レモングラス5、6滴ずつ入れ、
水で数倍にして、市販のものより濃いめのを作成。

よしよし、蚊が1匹も来ないよ
収穫カゴの名前入れ作業もはかどります。

が、数分後。
ブーン…と、大きめの虫が??

ミツバチだ!!
ミツバチさんたちが、ホバリングして私を監視し始めた!!

払っても払っても寄って来る。18匹もきた。(延べ人数)
別の意味で仕事が手につかない。

蚊をよけることばかり考えて、西洋ミツバチの誘引フェロモンのひとつが
レモン系の芳香化合物と同じであることを忘れていました。

レモンの香り成分のシトラールは、西洋ミツバチの方向感覚に関わる成分のひとつで、
分蜂して旅立った蜂が新居の位置を教えあったり、水のみ場を教えあったりする時に使うそう。

「 畑にレモンバームを植えると蜂が寄って来て受粉率があがる」のも、
きっとこの性質の応用なんだな。

家に避難して、窓辺をふとみると。
網戸の向こうで、まだ蜂さんがじっとこちらを見てる。
蜂さんにモテモテの、フェロモン香水ができちゃったよ。

今までは代用の精油でも問題なかったけど、
濃度が濃すぎるとこんな副作用があるのね。

もう少し薄めて使うことにしよう。

CIMG0776 (2) (360x270)


 いつもきてくださってありがとう。ランキングに参加中です。
↓どれかポチッと押して頂けると自然農法の宣伝ができ、励みになります。


にほんブログ村 花・園芸ブログ 自然農・自然農法へ

スポンサーサイト
  • Share

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。