スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自然農法産大豆

平成26年 12月7日更新

日頃の格別のお引き立てを感謝申し上げます。
平成26年度産、無肥料自然農法産大豆の販売を開始いたしました。

今年も昨年に続き、夏の曇天と秋の雨天が多かったため、収量はやや少なかったものの、
味わい深く、甘くて香ばしいお豆さんたちが収穫できました。

品種は固定種『つるむすめ』。
木製脱穀機で殻を取り、手作業で一粒ずつ選別したお品です。

お問い合わせ、お求めは右側のメールフォーム、
および白瀬農園ネットショップにてお待ちしております。

今日は、自然栽培と有機栽培の作物の安全性について
数値で比べてみます。

CIMG2568 (360x270)

無肥料・自然栽培と有機栽培(オーガニック)とのお値段の違いは、
動物性肥料の使用の有無をはじめとした栽培方法の違いによります。

有機栽培では、
在圃(栽培)期間が長いもの、大きな実をつけるなど栄養を多く必要とするものには
即効・遅効性のある各動物糞肥料を大量投入し、雑草除去等の作業は機械化することで
畑を大規模化し、収量をあげることができるので単価は比較的抑えることができますが、

動物性肥料に含まれる飼料中の各種の残存薬品と、
摂取したあと体内でニトロソアミンなどの発ガン物質に変わる、
ヘモグロビンと結びつき乳児の急性窒息死などの症状を起こす
硝酸態チッソ分が多く含まれることが近年は問題視されています。

危険性の高い硝酸態チッソに関して、EUでは出荷制限数値が設定され、
生鮮ほうれん草ならば2500~3000ppm以内等と品目ごとに決められていますが、

日本では栽培管理の目安としての数値はあるものの、
食物の安全基準の設定はいまだになく、
有機栽培のものでも基準の三倍超のものが販売されているのも
珍しくありませんし、

栽培法は問わず国産ほうれん草をランダムに検査した
農林水産省調査では最大値9200ppmとの記載があります。
注:市販の硝酸イオンメーターの同成分の測定限度はメーカーにもよりますが
9900ppm(作物体専用器)というものが多いです。

対して、無肥料・自然農法の作物は、圃場や品目のもともとの保有量、
農家さんにもよりますが、私の知る限りではEU基準値内。
具体的には0からEU基準値の数分の一程度。
(高濃度の化学肥料や動物肥料を使わないので、当然なのですが)

※EUの設定基準、国内食品中の硝酸態チッソ等は農林水産省のまとめた
pdf資料はこちら
高濃度硝酸態チッソの輸入牧草を食べ、反芻中に死んだ牛が何頭いるかなども
記載され、興味深い内容です。

栽培期間の長いわりに窒素をあまり必要としない大豆類は、
自然農法に適した作物で、米の後作などになさる農家さんも多いのですが、

日本は市場での買い取り価格が安く、補助金交付が定着すると
業者はさらに買値を下げる傾向があり、値崩れもおきやすいようです。

結果として、農家さんは大豆をやめて割りのよい作物に乗り換え、
遺伝子組み換えや殺虫剤に無頓着なアメリカ・カナダなどからの輸入が
九割にもなってしまったのでしょうね。

家族の安全な食卓、農家さん、和食の伝統文化と、
どれも守られる基準をもった政治をしてほしいと願っています。


CIMG2591.jpg
↑シュークリーム、相当食べたかったらしく、
袋をかぶってスーハーしていたチビちゃん。

 
 いつもきてくださってありがとう。ランキングに参加中です。
↓どれかポチッと押して頂けると自然農法の宣伝ができ、励みになります。


にほんブログ村 花・園芸ブログ 自然農・自然農法へ
スポンサーサイト

テーマ:食品・食べ物・食生活
ジャンル:ライフ

コメント

パパサクラさま

自家栽培のうたを拝聴いたしました。

安全を訴えるには、色んな切り口のアピール方法があるんだなぁ。

共感を得るには、まずは売り出し戦略ですね。

応援してますよ~。

こんにちは。
食について意識の高い方にこうやってメッセージ送って、気に入ってもらえたらこの歌を広めて頂いてます!
この国が抱える諸問題の根源は全て食にあると思ってます。
全体の意識が高まらないと子供達の将来は絶望的ですよね!
ちなみに僕には5人の子供がいますw
頭がいい方ではなく、こんな方法しか思い付きませんでした。

どうかお力添え宜しくお願い致します!

自家栽培 PAPASAKURA (ANSWER riddim): http://youtu.be/WBspTWAxVP0
非公開コメント

いらっしゃいませ♪

白瀬農園

ひよこまめ

Author:ひよこまめ
北海道の森の奥で、自然栽培(無肥料栽培)
の野菜を生産。

現在、日本初で唯一、化学物質過敏症(MCS)
レベル15までの完全個別対応・栽培相談の
できる自然栽培野菜専門店を運営。

レベル15は
「自然栽培であっても栽培暦が浅いと不可。
=一般的な自然栽培野菜セットが食べられず、
大気汚染度で岩塩も選ばなくてはならない」
ことを目安とする当園規定の表記です。

食べる人の健康と笑顔を願って野菜を育て、
町認定食育ボランティアのお母さんたちや、
自治体福祉施設の皆さんとともに食育、
自然栽培拡大のための農活をしています。

第19回環境保全型農業コンクール、有機農業
分野・最優秀賞受賞。農林水産省生産局長賞。
日本野菜ソムリエ協会野菜サミット二つ星受賞。

お問い合わせ

ご質問は、お気軽にメールでお寄せください。 (Yahoo、Gmail等のメールサービスを お使いの方は、メールが届かないことがあります ので、コメント欄からお願い致します) 自然栽培の野菜をお求めの場合は、お手数ですが、 「白瀬農園ネットショップ」 http://shirasenouen.cart.fc2.com/ を検索くださいませ。

名前:
メール:
件名:
本文:

ご案内

ランキング

コメント ありがとう('-'*)

※読者様の安全の為、リンクを張った勧誘コメント類は削除させていただいております。昼は農業・夜にパソコン業務をするため、お返事が遅くなります。ゴメンネ。

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。