in スポンサー広告

スポンサーサイト

-- COMMENT
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Share
in ボディケア

マルセイユ石鹸を手作り。

-0 COMMENT
平成26年5月22日更新

石鹸作りに、とってもよい季節がやってきました。

無添加のオリーブオイルを主原料にした、
フランス伝統のマルセイユ石鹸がいちばんのお気に入りです。
(3日間釜炊きするのは無理なので、もちろんコールドプロセス)

現地のものや専門店ではひとつ800円から数千円の
高級品ですが、ハンドメイドだと自分の肌質、好みの香り、
用途にあったものが原価でできるので、ときどき作ります。

肌が弱く、ヤシ油だけで出来た市販のボディソープや
添加物の多い石鹸を使うと、痒くなっちゃうので。。。
(太陽油脂さんの石鹸も愛用)

油の配合によって、機械油も落とせる洗濯洗剤、キッチン用、
メイク落とし、好きな香りと効能のシャンプーバーが作れます。

CIMG1794 (480x360)
防虫効果のあるシナモン入り。
香りはパチュリ、レモン、ラベンダーの前田京子さんブレンド。
熟成後は、野生のベリー類のような瑞々しい香り。

CIMG1788 (480x360)
透明なM&Pソープに毛穴ケア用のグリーンのクレイ(モンモリロナイト)、
保湿用のラベンダー&ベルガモット(光毒性除去済み)精油。
ヴィクトリアハートの型に入れたら、苔みたいな渋い仕上がりに
白のカオリンにすれば良かったよ・・・

CIMG1829 (360x480)   CIMG1830 (480x360)

材料はオリーブオイル、パーム油、ココナッツ油、苛性ソーダ、水のみ。
(お好みで精油やハーブティー、クレイ)

苛性ソーダは天然のアルカリ剤で、薬局で買えます。(ハンコが必要)

手作り石鹸のレシピは、材料専門店で色々なものが入手できますが、
水で発熱する性質上、注意が必要な手順があるので、
はじめての方は1冊は書籍を買って予習した方が安全です。

私のお気に入りの石鹸材料店はオレンジフラワーさん。
オーガニック油脂や精油、基材がそろっていて、
一度で買い物がすむので便利です。価格もお手頃。

本は色々出ていますが、前田京子さんのシリーズを愛読しています。

洗浄力が強いのに、お肌の保湿成分たっぷりで、
冬はかかとのガサガサ対策や、就寝後のかゆかゆ肌にも
大活躍なのですが、

夏はクリームなしでも、この石鹸を使うと乾燥せずにすむので
らくちんです。

使用後の水が微生物のエサになって、環境にも優しいのも安心。

↓ いつもきてくださってありがとう。今日もポチッと押してください。
にほんブログ村 花・園芸ブログへ


にほんブログ村 花・園芸ブログ 自然農・自然農法へ
スポンサーサイト
  • Share

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。