in スポンサー広告

スポンサーサイト

-- COMMENT
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Share
in 家庭菜園

玄関に大なべ置いた方がいんだべか?

-0 COMMENT
以前にも書きましたが、

この地域の人々には、玄関に無言で
お土産を置いていってくれる習慣があります。

CIMG0526.jpg

ダンボール(!)に氷とカレイが入ってたり。
(帰ってくるのが遅ければ、氷が融けて大惨事だった)

CIMG0528.jpg

袋の中で びちびち跳ね回るエビたちが
(たまに地面に飛び出して 跳ね回っている)

農民なので 魚介は大歓迎です

でも、生きた魚介が手の中で暴れたり
顔面に飛んでくると、

ヒゲ、足、ヒレがとがっているので
刺さるとめちゃくちゃ痛いのです。

生きてるうちは、怖くて近づけない。
なすすべもなく 見守るしか。。。

地面でビチビチするちっちゃいソイ(ヒレの硬い魚)を見て、
ハンター猫も震えて後ずさり。
CIMG0966.jpg
↑これが特にコワイ。とげだらけで、鋏むし、足が速い。

『早く食べたいから、死んでください』と願いつつ、
目を合わせないように放置するしかない魔性の農家です。

野菜は逃げ回らないし、攻撃してこないから
平和でいい。
(青茄子とキュウリは、たまにトゲで刺す)

魚。ダンボールに入れて放置されるより、
玄関に大なべを置いといて、

『漁師さん、これにお願いします!』
と書いておくべき? 

(『催促してるみたいで 恥ずかしいよ』と
ビスコチャンに、止められました。)

サンタさんの靴下と同じように、
玄関の鍋も いつか 慣習になってほしいものです。

ありがとう、漁師さんたち。
今年もありがとう、海の幸たち。
 
命をありがとう。
ご馳走様です、成仏してください。

わたしたちは、ほかの生き物の命を
奪い取って食べる、恐ろしい生き物です。

だからこそ、絶対に、感謝を忘れてはいけないの。
忘れたら、獣とおなじになってしまうからです。


↓いつも 来てくださってありがとう。ポチッとお願いしますよ。

にほんブログ村 花ブログ 自然農・自然農法へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
  • Share

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。