Welcome to my blog

白瀬農園 自然農法40年の野菜

ARCHIVE PAGE: 2015年01月

No image

スポンサーサイト

ニューカントリー2月号

平成27年 1月29日 更新北海道の農業専門誌・ニューカントリー2月号。編集部から届きました。北海道の農業の特色は規模の大きさと寒さ、作付けが広範囲で大量にカブりやすい点だと思うのですが、こちらの雑誌では大規模農業で生き残るための栽培技術、経営の成功例、各農業賞受賞者の実態などが中心で、内地(本州)の農家さんの実用豆知識が多い某有名農業誌とはちょっと違う特色を持ってます。            ↑...

放置するだけ・ハム作り。

平成27年 1月26日 更新以前住んでいた地域で、添加物と化学調味料の怖さをまとめた『食品の裏側』の著者・安部 司先生に講演会をしていただいたことがあります。ハム、ソーセージ他の加工肉はびっくりするほど危険な添加物が多数使われているし、いまや加工肉の9割もが「あの国」からの輸入。ほんとはイヤなんだけど、忙しい時は便利なのでついつい買っちゃいます。でも、いくら経済的で便利でも、パッケージを眺めつつ、...

ホットチョコレートをつくる

平成27年1月17日 更新ふだんはコーヒー党ですが、寒い季節は体を冷やす成分を含むコーヒーはなるべくお休み。体を温める紅茶やココアに限ります。エコ活動の一環なのです。農園の御用達オーガニックココアは、サクライさんのもの。カカオの油脂分が1割以上と高く、香りも味わいも濃厚なので、大抵のお店でいただく『フォンダンショコラ』よりもおいしいんじゃないかな、くらいの上等なホットチョコレートができます。   ...

考えるな、感じろ!!

平成27年 1月14日 更新国際社会ですので、農家にも英語が必要と考えていたところ、近所の方がちょうど、使っていない某有名英語教材の全巻セットを貸してくださるとのこと。聞き流すだけで英語が身に付くという、あのCMの・・・。まあっ、なんて幸運なのかしらと思ったのもつかの間。これは!!テープ・・・!! おばあちゃん世代には、まだカセットテープが根強い人気らしいです。せっかくお借りしたけど、これを再生する機材...

肥料成分・栽培法で変わる収量と栄養価の比較

平成27年1月10日 更新栽培法と施肥成分により同じ野菜でも栄養価が大きく変わり、逆に毒性の強い硝酸態窒素が増加する様子が一目瞭然の比較表、昨年2月に千代田区で行われた、全国環境保全型農業推進会議主催・農林水産省後援のシンポジウムでの配布資料から抜粋。農林水産大臣賞受賞の栃木・帰農志塾さんの栽培研究資料です。↑化学肥料をたくさん使うほど、作物の固体の大きさは増す一方、栄養価と味わいが下がり、害虫がわき...

モーツァルト農法

平成27年 1月4日更新アメリカで半世紀前から取り入れられる音楽療法の中で、とくにモーツアルトの楽曲は疾患を改善する効果が高い理由のひとつは『3500~4000Hzくらいの高周波が神経系を刺激するから』だそうで、日本では昨夏に和合教授の研究が日経ビジネス記事になったり、関連商材が販売されたりしました。その効果が応用されているのが農家さんや酪農家さんたちに近年人気の『モーツァルト農法』。乳牛がリラッ...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。